RISU算数は中学受験にも効果的?小1からの受講がおすすめな理由

RISU算数中学受験
  • RISU算数は中学受験にも効果があるの?
  • 算数特化型のRISUだけで本当に大丈夫?
  • いつから始めるのが良いの?

算数特化型のタブレット教材であるRISU算数中学受験にも効果があるというのは本当でしょうか?

結論から言うと、中学受験に向けた算数の基礎をしっかり固める目的では効果があります

早ければ早いほど無理なく先取りできるので、小1からRISU算数を受講するのが理想。

中学受験をするなら小3の2月から、SAPIX・四谷大塚などの進学塾へ通うのが一般的です。

しかし、学校の授業と進学塾のレベルには大きな差があり、入塾テストの段階で落とされたり、入塾しても塾の授業についていけないことが多いです。

学校と塾のギャップを補うために小1のうちからRISU算数を活用することで、中学受験レベルまでスムーズにステップアップできます。

RISU算数のレベル

RISU算数公式HPより引用

この記事の3つのポイント!

  • 中学受験は算数で決まる!
  • 算数は基礎が大事!
  • RISU算数は的確な勉強法で入塾テストまでサポートしてくれる

この記事では、3つのポイントと理由について詳しく解説していきます。

小1からと書きましたが、うちは小3だからもう遅い?ということはありません。

RISU算数はお子さんのレベルに合わせてスタート出来ますので最後まで読んで、参考にしてみてください。

※この記事は、RISU Japan様の長期モニターに参加し記事を執筆しています。

\ クーポンコード avg07a /

※お試し後継続しない場合は、タブレットの送料・保険料として1800円(税込1980円)がかかります。

目次

RISU算数は中学受験に効果があると言える実績が多数!

ななかまど

RISU算数は、本当に中学受験に効果があるの?

という疑問に対しては、効果がある!と言える実績が多数報告されています。

RISU実績

実際に、RISU受講者の中から、開成・麻布・栄光・渋谷教育学園渋谷・筑波大付属・早稲田・市川などの難関中学に合格した!という方が…!

2021年RISU受講者の中学受験合格状況一覧はこちら≫≫

地図に書かれているSAPIX・四谷大塚・早稲田アカデミーなどは中学受験に欠かせない進学塾。

その進学塾で行われたテストで全国№1・県内№1の実績がRISU受講者から多数報告されている!ということ。

学校でトップの成績だった子が、入塾テストで半分の正解率ということもあるくらい難しいテストなんですよ!

ななかまど

優秀な子だけが集まった進学塾で全国№1というのは、まさに日本一の成績ってことですね!すごい!

RISU算数が中学受験に効果的な理由は教材の特徴に隠されている

理由
ママ

RISU算数を受講すればうちの子でも中学受験で合格できる?

答えは、合格できる可能性が高まる!と言えます。

ただし、進学塾の代わりになるものではありません

中学受験は算数で決まる!と言われるほど算数で得点を取ることは重要です。

RISU算数は、この算数の基礎を徹底的に固めていく教材になっているのです。

RISU算数の特徴

  • 算数特化型である
  • 無学年制
  • 関連した内容を連続して学べる
  • 文章問題など考える問題が多い

中学受験は算数で決まると言っても過言ではないから算数特化型

なぜ算数が重要なのか?というと、

中学受験の国語・算数の配点は、理科・社会の倍の配点になっている中学が多いです。

つまり、理科や社会が苦手な子より、国語・算数が苦手な子の方が不利になるということ。

また算数は国語よりも問題数が少ないため、一問の点数が大きいのです。

算数で一問間違えるだけで、他の子との差は大きく開いてしまいます。

  • 理科・社会より配点が多い
  • 他の教科より一問の点数が大きい

という特徴から、受験者の一般的な特徴は、国語・理科・社会は平均点付近に多いが、算数は平均点よりかなり上か、かなり下に固まっているのです。

点数イメージ
ななかまど

つまり、差をつけるなら算数が大切です。

理解不足を残さないマップ形式で無学年制

ママ

算数ってどうやって勉強すれば良いの?

算数が大切!ということが分かった上で、ではどのように算数を得意にするか?は難しい問題ですよね。

RISU算数では、算数が苦手な子も算数が得意になった!という口コミがたくさん報告されています。

RISU算数

RISU算数公式HPより引用

なぜ、RISU算数で苦手が克服できるのか?というと、RISU算数の進め方に秘密があります。

算数は、基礎から順番に積み上げていくことで理解できます。

かずの概念がわからなければ、足し算が解けませんし、足し算が分からなければ引き算は難しい…。

算数理解

しかし、学校の授業では上に載せるブロックを習うまでに期間があくことが多く、

一つ下にさかのぼって勉強しようとすると何学年も戻らなければならないのです。

RISU算数は、関連する項目ごとに無学年制で進めて行けるので、理解しやすく、もしつまづいてもさかのぼって勉強できるようになっています。

繋がりのある順番

うっかりミスは読み飛ばしが原因!文章問題で考える力を身に付ける

ママ

うちの子はうっかりミスが多くて、理解はしてるのよ。

こういうお子さん、実は要注意!

ななかまど

うっかりミスは問題の読み飛ばしが癖になっている可能性があります!

速く解くことを重視した結果、問題の読み飛ばしをしてしまう癖がついているかもしれません。

RISU算数は、よく考えないと解けない応用問題が充実しています。

RISU算数公式HPより引用

問題を読んで現状を把握し、方法を考えて、それを解決する力が身に付きます。

これは算数だけでなく、お子さんが生きていくために重要な「問題解決能力」を鍛えることにもつながります。

問題解決能力と算数

中学受験に向けたRISUの3つのコース

手順

RISU算数は、出来るだけ早く始めることをおすすめします!

中学受験の勉強は、進学塾の小4コースがスタートする小3の2月と考えている方が多いですが、実はそれだとちょっと遅いです。

なぜなら、学校教育と塾のレベルには大きな差があるから。

低学年のうちにRISU算数を活用して学校と受験レベルのギャップを埋めておく必要があります。

RISU算数のレベル

RISU算数公式HPより引用

低学年のうちに小6までの基礎を固めておくことで、入塾テストで高得点を取り、出来るだけ上のクラスで塾の勉強が出来ると合格への距離もグンと近くなります。

RISU3つのコース

  • 幼児から受講のRISUきっず
  • 小学生からならRISU算数
  • RISU算数をすべて終えたら受験基礎コース

RISUきっず

お子さんが年中・年長さんであれば、RISUきっずからの受講がおすすめです。

早くからスタートできれば、RISUきっず→RISU算数と幼児のうちに無理なく先取りが出来るのでおすすめ。

ななかまど

息子も年中でRISUきっずを始めて1カ月半ですべての内容を終わらせ、RISU算数に移行しました。

息子が1カ月半でRISUきっずを全クリアした体験談はこちら≫≫

3歳でも

  • ひらがなが読める
  • 100まで数を唱えられる
  • タブレットの操作に慣れている

のであれば、受講は可能だと思います。

詳しくは、RISUきっずはいつから始めるのがベスト?3歳にはまだ早い?!にまとめています。

RISU算数

小学生からのスタートであれば、RISU算数からの受講がおすすめです。

「小1からがおすすめ」と書きましたが、小2や小3からだと遅いということはありません。

途中からの受講でも、最初に実力診断テストがあり、その子にあったレベルからスタート出来ます。

ななかまど

算数が苦手な小2の娘がたった2か月の受講で苦手を克服!

詳しい様子は小2で2か月体験!劇的な先取り効果とは?で解説しています。

受験基礎コース(アドバンス)

受験基礎コースは、RISU算数をすべて終えた後に受講できるコースです。

受験基礎コースのみの受講はできません。

出来れば、低学年の入塾テスト前までにRISU算数を終えて受験基礎コースに慣れておくのがおすすめ。

ただし、必ずしもクリアしていなくても進学塾のレベルはRISUより高いので、苦手な分野のさかのぼり学習として利用することも可能です。

RISU算数の中学受験基礎コース(アドバンスモード)の詳細

アドバンスモード

中学受験基礎コース(アドバンスコース)は、RISU算数の6年生までのカリキュラムを終えたら受講できるコース。

受験の基礎力を身に付けるためのコースです。

受験基礎コースのステージ

受験基礎コースのステージは全部で13ステージ。

RISU算数までとは異なり、好きなステージから勉強できます。

1つるかめ算と過不足残
2虫食い算
3植木算
4旅人算
5インド式暗算術
6規則性の問題
7さまざまな数列
8場合の数と確率
9和差算&分配算
10あざやかに解ける計算
11仕事算
12相当算
13入試でラストステージ!

つるかめ算・旅人算など、小学校の教科書には出てこないけれど、受験には出てくる問題の基礎を学ぶことができます。


RISU算数公式HPより引用

受験基礎コースのレベル

受験の基礎力を身に付けるためのコースなので、大手進学塾よりは低いという口コミが多かったです。

RISU算数公式HPでも「学校と受験のギャップを埋める」レベルだと説明されています。

RISU算数のレベル

RISU算数公式HPより引用

大手進学塾のテストで全国1位という実績からもわかるように、

RISU算数と大手進学塾は併用して受験勉強を進めている人が多いことがわかります。

RISU実績
ななかまど

小1からRISU算数を始めてどんどん先取りすれば、入塾したらRISU算数は退会するということも可能ですね!

受験基礎コースの料金

料金

受験基礎コースの料金は、RISU算数の料金にプラスして月額1980円かかります。

基本料金+利用料金+月額1980円

RISU算数がすべて終わると自動で受験基礎コースへ移動し、問題を解き始めた月の月末から1980円がプラスされます。

月末から受験基礎コースに移動してしまうと1980円もったいないので要注意!

基本料金、利用料金については、RISU算数は高い?複雑な料金を解説【自動計算機能あり】で解説しています。

受験基礎コースのメリット

メリット

受験基礎コースのメリットは3つ

  • 先取り学習ができる
  • 理解不足を残さない
  • 算数でリードできる

塾の先取り学習ができる

中学受験では、小学校では習わないような問題も当たり前に出題されます。

進学塾に入って、はじめて出会う問題でも、塾の進むスピードはとても速く理解できないままになってしまうことも…。

RISUであらかじめ基本的な受験基礎に触れておくことで、塾での学習もスムーズにできます。

ななかまど

4年生コースから入塾を考慮すると、3年生のうちに受験基礎コースへ移行出来ると理想かと思います。

理解不足を残さない

算数は、基礎的な問題が解けないのに応用問題が解けることはありません。

算数理解

このことに気が付かないと、本来学習しなければならないのは一つもどった基本的な部分なのに、

その上の単元を繰り返し勉強してもまったく解けるようにはならないという事態になりかねません。

学習

受験基礎コースは、RISU算数をすべて終えてから受けられるコースなので、

基本をしっかり理解した上で受験の基礎を学習できる仕組みになっています。

算数でリードできる

「中学受験は算数で決まる!」と言われるくらい算数は重要です。

算数で大きくリードできれば、受験科目全体でも大きくリードできることになります。

算数を制す

受験基礎コースのデメリット

sad

受験基礎コースのデメリットは以下の2点。

  • 進学塾よりはレベルが低い
  • 受験基礎コースのみは受けられない

進学塾よりはレベルが低い

RISU算数の受験基礎コースは、あくまで基礎を学ぶコース。

RISU算数のみで受験に臨むには物足りない内容です。

さまざまな応用力を鍛え、難関中学に合格するには、進学塾は必須です。

RISU算数を早くから受講し基礎を鍛えてから、進学塾へ通うのがおすすめです。

受験基礎コースのみは受けられない

小学校の算数はバッチリなので、受験基礎コースだけ受けたい!という方がいても、受験基礎コースのみ受けることはできません

完璧だと思っていても、しっかり理解出来ていない単元があることも多いので、RISU算数を一週間無料体験で、実力診断テストを受けてみると良いと思います。

ななかまど

実力テストで合格した部分は飛ばせるので、基礎理解が出来ていればすぐに受験基礎コースへ進めます。

RISU算数の利用期間とかかる料金

RISU算数の料金は

基本料金 年33,000円 (月額 2750円 )+利用料金 月々0円~9,350円

利用料金は、ゆっくり進めば低価格で済みますが、中学受験を考えているなら月々3ステージ以上は必ず進みます。

よって、

基本料金 年33,000円 (月額 2750円 )+利用料金 月々9,350円

かかると見ておきましょう!

進み具合は、その子によってさまざまなので目安ですが、1年間で145,200円かかることになります。

小学生コースのみの利用で

  • 1年でRISU算数を終えれば145,200円
  • 2年間利用で290,400円
  • 3年間利用で435,600円

※受験基礎コースは、さらに月額1980円がプラスされるので、1980円×数か月分多めにみておく必要があります

中学受験はRISU算数で低学年のうちから基礎を固めよう

RISU算数は、算数のつまづきを無くし、算数を得意にするための基礎固めに最適な教材です。

中学受験を考えているのであれば、入塾前の幼児期・低学年のうちにRISU算数で基礎をしっかり理解しておくことが、受験を成功させるコツでもあります。

RISU算数の料金体系がちょっと複雑なので、入会前にしっかり把握しておくことをおすすめします!

料金については RISU算数は高い?複雑な料金を解説【自動計算機能あり】で解説しています。

RISUきっずの料金はこちらで解説≫≫

娘が算数嫌いを克服したタブレット教材

  • 無学年制
  • 算数特化型(英語もあり)
  • 苦手克服
  • 中学受験対策
  • タブレット代金0円

クーポンコード入力で1週間お試し体験ができます。

\ クーポンコード avg07a /

※お試し後継続しない場合は、タブレットの送料・保険料として1800円(税込1980円)がかかります。

お試しキャンペーンについての詳細記事を読む≫

RISU算数についてもっと詳しく知りたい≫

参考書籍

中学受験での算数の重要性や中学受験に必要な親のサポート法などが詳しく書かれている書籍を3冊紹介します。

併せて参考にしてみてください。

10億件の学習データが教える理系が得意な子の育て方

「理系が得意な子の育て方」書籍レビューを読む≫

中学受験は算数で決まる

5歳から始める最高の中学受験

RISU算数中学受験

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次