文系ママでもできる!小3までに算数が得意な子になる育て方【完全ロードマップ】

算数が得意な子の育て方

算数は、得意な子と苦手な子の差がはっきりと分かれてしまう教科です。

しかしIT技術が発達した現代において、STEAM教育と言われる

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Art(芸術)
  • Mathematics(数学)

の5つは、これから生きていく上で欠かすことのできない重要な分野。

算数は、そのSTEAM教育の基盤と言える大切な教科です。

ななかまど

私は、娘が算数嫌いで登校拒否になったその日から、算数教育と幼児教育の知識や経験と組み合わせた独自の方法で算数遊びを取り入れてきました。

娘は笑顔を徐々に取り戻し、ついに小学校3年生に進級したときに「算数大好き!」と言えるようになりました。

算数は小3までに基礎を固めることが大事だと言われています。

この記事では、私が娘に実践した算数遊びのすべてを解説します。

大切なのは勉強させるのではなく、楽しんで算数に欠かせない5つの力を身につけていくこと。

この記事を読めば、あなたのお子さんも「算数大好き!」と笑顔で言える日が必ずきます。

いますぐ出来ることから始めてみましょう!

TwitterやInstagramでも算数教育の重要性ややり方を発信中。

3歳~8歳のおうち算数教育の具体的なやり方を公式LINEでも発信しています。

\個別相談もOK!/

LINE登録者だけの限定情報も配信します♪

目次

算数が得意な子が持っている5つの力

5つ

「算数が得意な子は頭の作りが違うのか?」というと、小3までの算数に限定して言えば、誰でも算数が得意になれます。

なぜなら算数には欠かせない5つの力があり、その5つの力は遊びを通して誰でも身につけることが可能だから。

ななかまど

娘も小1で算数が苦手でしたが、親の声かけや遊びを意識的に変えていくことで「算数が得意」と言えるようになりました。

算数は、次の5つの力を育てることで誰でも得意になれます。

その5つの力とは

  • 数の概念の理解
  • 計算力
  • 読解力
  • 試行錯誤力
  • 論理的思考力

数の概念の理解

数の概念とは、数が「大きい・小さい」「長い・短い」「広い・狭い」という概念をはじめとし、数の位や単位の理解などがあります。

こういった概念は、幼児期から普段の日常生活でうまく会話に取り入れていくことで自然と身につきます。

後述する道具がいらない算数遊びや、算数を身近に感じる環境設定をうまく取り入れていきましょう。

計算力

計算力は算数の基礎です。

しかし、ひたすら100ます計算やドリルの数をこなせば良いというわけではありません。

そもそも、幼児期のお子さんや算数が苦手と感じている子に大量のドリルで問題を解かせても、算数嫌いを大きくさせるだけで逆効果。

少しずつで良いので毎日コツコツやることや、柔軟な視点で問題を解くことも大切です。

例えば「1+2+4+9+8+6=」の問題。

前から解いていくと時間がかかりミスも増えます。

順番を入れ替えると「1+9+2+8+4+6=」

簡単に解けてミスも減ります。

足し算

柔軟な視点を遊びの中で取り入れていくことで計算力はグングンアップします。

読解力

読解力とは、「問題で何を聞かれているのかを正確につかむ力」です。

読解力は文章問題を解くうえで大切なのはもちろん、

  • 論理的に物事をとらえる
  • 周りとのコミュニケーションを円滑にする
  • 計画的にすすめる

といった生きていくうえでも欠かせない重要なスキルです。

読解力は、計算問題を解いているだけでは鍛えられません。

ななかまど

私は絵本の読み聞かせや素ばなしをおすすめします。

なぜなら、文章問題が苦手なお子さんの多くは問題を注意深く最後まで読んでいないことが原因です。

幼児期から絵本に親しみ、年長~小学生では素ばなしを一字一句集中して聴きイメージすることで、読解力が劇的に伸びていきます。

日常的に算数クイズ遊びで楽しむのもおすすめ!

試行錯誤力

算数が得意な子は、わからなくても簡単にあきらめずに試行錯誤する力があります。

試行錯誤力を鍛えるには、タングラムなどのおもちゃがおすすめ!

タングラム

また、親の声かけ方法も大きく影響します。

  • 失敗はどんどんしてOK!
  • 試したら褒める
  • プロセスを丁寧に褒める

子どもはもともと好奇心旺盛で、「どんなことも自分でやってみたい!」という性質を持っています。

例えば

  • ティッシュペーパーをひたすら引っ張る
  • 隙間におもちゃを入れる
  • 物をバンバン叩く

これらの行為は、

「引っ張ったらどうなるだろう?」

「ここに落としたらどうなる?」

「たたくとどうなる?」

という疑問を解決するために、実際にやって確かめてみるという思考錯誤の一つ。

小さなうちから、この「試す」という行為を禁止してしまうと、お子さんは「試すのは悪いこと」と感じてしまいます。

普段の生活から、どんどん試して失敗してね!という気持ちで接することで試行錯誤力はアップします。

論理的思考力

論理的思考力とは、「問題をどの順番で解いていけば良いか?」を順序立てて考える力です。

論理的思考力があると何かうまくいかない事にぶつかった時にも、問題点を細かく分けて、順序だてて解決できます。

論理的思考力を育てる秘訣は、「親子の会話」です。

  • どうしてそう思うの?
  • お母さんに教えて!
  • どうやって作ったの?

お子さんに色々な場面で説明する機会を作り、真剣に耳を傾けましょう。

ななかまど

声かけを変えるだけで、お子さんの論理的思考力は格段にアップします。

算数が得意な子を育てる方法は遊びの中に算数を取り入れること

算数遊び

算数が得意な子を育てるには、お子さんが算数を好きになってもらうことが重要です。

「そんなの当たり前じゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、逆のことをやってしまっている方も多いです。

大量の計算ドリルを与えても、お子さんが算数好きにはなれません。

そこでおすすめなのが「遊びの中に算数を取り入れる」こと。

ななかまど

遊んでいるうちに、気がついたらお子さんは算数が大好きになっています。

ここでは、具体的な算数あそびの方法を紹介します。

道具がいらない算数遊び

道具がなくても今すぐ遊べる算数あそびはたくさんあります。

わが家で取り入れているあそびをご紹介します。

算数クイズ

食事中やちょっとした隙間時間に、算数クイズを出します。

例えばこんな問題

「お客さんが誰も乗っていないバスに、ドラえもんがどら焼きを食べながら乗りました。

次のバス停で、泣いているのび太君と歌をうたっているジャイアンが乗ってきました。

その次のバス停では、ドラえもんとのび太は降りましたが、しずかちゃんとスネ夫が乗りました。

さて、今バスには何人乗っているでしょう?」

答え:4人(ジャイアン・しずかちゃん・スネ夫・運転手さん)

上記の問題は、私が適当に作りました(笑)

娘がちょうどドラえもんが大好きな時期だったので、ドラえもんで興味を惹きました。

ストーリー性を持たせることで、問題をイメージしやすくなります。

また「ドラえもんがどら焼きを食べながら」という無関係な情報も入れることで注意深く必要な情報を選択させます。

「運転手さんも入れるのか!」というひっかけ問題で、見直す力、考える力を育てます。

ななかまど

そして何より、親子で楽しいコミュニケーションを取りながら学べる!というのがポイントです。

2進法手あそび

どこでも出来る2進法手あそびは、遊びながら計算力も鍛え、指先の発達も促します。

親指から順番に「1.2.4.8.16」の役割があります。

2進法手遊び
2進法手遊び
2進法手遊び
2進法手遊び

立てた指が何の数字を表しているか?親子でクイズを出し合います。

2進法手遊び
2進法手遊び
2進法手遊び
2進法手遊び

慣れてきたら、両手を使ったり、チラッと見せて隠すという方法で難易度アップ!

数の単位や九九の歌

みなさんは数の単位をどこまで言えますか?

「一、十、百、千、万、億、兆、京 、垓、秭、穣、溝、澗、正、載、極、恒河沙、阿僧祇、那由他、不可思議、無量大数…」

子どもは暗記するのが大好き!

「こんなに言えるよ!」が自信に繋がっていくので、遊びの中で取り入れていくと良いですね。

ななかまど

うさぎとカメのメロディーに合わせて覚えると簡単♪

素ばなし

素ばなしとは、絵本を見せずにお話を語って聞かせる方法。

絵がないのでお話を注意深く聴き、イメージしながら全体像をつかまなくてはいけません。

保育園や幼稚園ではよくおこなっている方法で、

  • 聴く力
  • 集中力
  • 読解力
  • 想像力

などを育てます。

本来の素話は、お話の内容を覚えて読み手が何も見ずに語るのですが、毎日続けることが大切なので文章を読む方法でもOK!

毎日違うお話を読める素話の本を使うのもおすすめです。

ななかまど

私は寝る前に素ばなしを取り入れています。

目をつぶっても聞けるので寝る前に最適!

親子クッキング

クッキングで算数?と思う方もいるかもしれませんが、料理は算数脳をフル活用する最高の学びの場です。

「何g・何mL・何cc」という単位に触れたり、どの手順で作っていくのか?という論理的思考力も鍛えます。

空間把握能力も料理で身につけることができます。例えば…

四角いパンを斜めに切れば、三角になりますよね。

料理

卵焼きを斜めに切ってひっくり返すとハートが出来ます。

料理
ななかまど

私は、日曜日の朝ごはんは娘に作ってもらっています♪

算数を身近にする環境設定

子どもには、自ら学ぶ力が備わっています。

親が「勉強しなさい」と言わなくても、本来子どもは学ぶことが大好き!

親の役目は、学べる環境を設定することです。

ななかまど

私が実践している算数を身近にする環境設定を紹介します。

アナログ時計を置く

リビングの一番見えるところにアナログ時計を置きましょう。

最近は便利なデジタル時計やスマホで時刻の確認は簡単にできます。

しかし普段からアナログ時計に慣れていない子どもは、アナログ時計を読むことができません。

リビングにはアナログ時計を置いて、「何時になったらお片付けね!」などと常に時計を意識した声かけをしましょう。

「何分」がわかりやすいように数字が書かれている時計も売っています。

カレンダーを飾る

カレンダー

リビングにカレンダーを飾りましょう。

年長の息子が毎朝今日の日付を確認しながらシールを貼っています。

曜日や日にちの概念、「ついたち」「ふつか」などといった読み方も覚えられます。

ななかまど

終わった月のカレンダーは数字遊びにも再利用できます♪

電卓・計りはいつでも遊べる物を用意する

電卓や計りは最高の遊び道具!

子どもがいつでも遊べるところに置いておきましょう!

今は100均でもキッチンスケールや電卓が買えます。

キッチンスケールDaiso
ダイソーで購入したキッチンスケール

リビングの壁に身長計を飾る

リビングの壁に身長計を飾って置くのもおすすめ。

定期的にお子さんの身長を測るだけでなく、

  • ジャンプしたら何メートル何センチ?
  • 足は何センチあげられる?
  • ひじから指先の長さは何センチ?

と、いろんなものを測って遊ぶことで長さを感覚でつかめるようになりますよ。

私は無印良品の白いマスキングテープに目盛りを書いて貼っています。

身長計

子どもが自分で取れるところに折り紙を置いておく

自由自在に形が変わる折り紙は、図形を学ぶのに最適!

小さなうちからいつでも遊べるようにしておくと良いです。

「半分に折ってね!」「4分の1になったね」などと声をかけることで、分数の概念も身につきます。

手作り算数おもちゃ

簡単に作れる手作りおもちゃもおすすめです。

廃材や100均の材料でできるものばかりです。

お風呂にペットボトル

※現在はℓではなくLで書きます

私はお風呂のおもちゃとして、使い終わった空のペットボトルを利用しています。

色々なサイズや形のペットボトルに油性ペンで「500mL/5dL/0.5L」「1500mL/15dL/1.5L」と書いておきます。

あとは自由に遊ぶだけ!

お湯を移したり流したりしているうちに「500mLのお湯を3回入れると1500mLのペットボトルがいっぱいになる!」ということを子ども自身が発見していました!

ななかまど

500mLの重さってどのくらい?というのも自然と体感できますね。

数字マグネット

数字マグネット

マグネットに油性ペンで1~100までの数字を書いて、ホワイトボードに並べました。

ホワイトボードにも数字を書いて、1から順番に並べていくのも良し。

ポイントは、足すと1の位が0になる数字を同じ色にしたこと。

足し算

足し算やかけ算は、どの数字から計算しても答えは同じ。

柔軟に計算できる思考を遊びの中で身につけて行きます。

図形パズル

100均のマグネットシートをまる・三角・四角などの図形に切ってホワイトボードに貼りつけます。

あとは自由に遊びます。

遊び方がわからない2歳の息子のためにホワイトボードに完成図を書いてみました。

図形パズル

算数脳を育てる知育玩具

アルゴゲーム

算数脳を鍛えるのに、知育玩具を取り入れていくのもおすすめです。

知育玩具を使うことで、より複雑な遊びができるようになります。

私が自宅で使っている知育玩具を紹介します。

他にも以下のようなおもちゃを使っています。随時レビュー記事を追加予定です。

  • おもちゃのお金
  • 積み木
  • 折り紙
  • アルゴゲーム
  • キュボロ
  • オズモ
  • 囲碁
  • 将棋

知育玩具は高価なものも多いので、年齢に合わせておもちゃをレンタルできるサブスクリプションを使っていくのも良いですね。

ななかまど

算数ガーデンイチ押しのサブスクリプションは、Cha Cha Chaチャチャチャです!

Cha Cha Chaチャチャチャ基本プラン5歳児向けサブスクをレビュー

算数脳を育てる絵本

おすすめ

絵本でも算数脳を育てていくことができます。

おすすめの算数絵本を紹介します。

スクロールできます
絵本難易度特徴購入

365まいにちペンギン
365まいにちペンギン

数の概念
日にちの数
たし算
かけ算
Amazon
楽天
Yahoo

ウラパン・オコサ
ウラパン・オコサ
偶数・奇数の概念
2の倍数
足し算
Amazon
楽天
Yahoo

かずのえほん123
かずのえほん123
1~10までの数
たし算
半分
二桁の数の大小
Amazon
楽天
Yahoo

たすひくねこ
たすひくねこ
1対1対応
10の補数
大小
たし算
ひき算
Amazon
楽天
Yahoo


あかちゃんにおくる絵本3ひとつ・ふたつ・みっつ
「ひとつ、ふたつ、みっつ…」という数え方 Amazon
楽天
Yahoo
王さまライオンのケーキ
王さまライオンのケーキ
「半分の半分の半分…」「倍の倍の倍…」という概念 Amazon
楽天
Yahoo
おまたせクッキー
おまたせクッキー
わり算 Amazon
楽天
Yahoo
1つぶのおこめ
1つぶのおこめ
「倍の倍の倍…」 Amazon
楽天
Yahoo
はじめてであうすうがくのえほん
はじめてであう数学のえほん
なかまはずれ
ふしぎなのり
じゅんばん
せいくらべ
Amazon
楽天
Yahoo
フィボナッチ
フィボナッチ
フィボナッチ数列
フィボナッチ螺旋
自然と数の不思議な関係
Amazon
楽天
Yahoo

詳細は算数への興味をグッと惹きつける絵本おすすめ10選を幼児教育のプロが紹介!で解説しています。

算数特化型のアプリ

勉強が苦手なお子さんや小さいうちから算数に親しみたい方は、算数アプリを使うのもおすすめ!

クレタクラス

クレタクラス

クレタクラスは3歳から小3までの算数を学べる算数学習アプリです。

毎回オリジナルのストーリーを観ながらテレビをみる感覚で楽しく学習可能!

  • 教育のプロが作った高品質な教材
  • 1日15分、一週間のスケジュールで毎日の学習習慣を定着
  • オリジナル動画と可愛らしいキャラクターでグッと惹きつける

クレタクラスとは3歳からできる遊び感覚の算数アプリ!料金や口コミ・評判を徹底解説!

クレタクラスとトドさんすう算数アプリを実際に併用して8項目で徹底比較!

トドさんすう

トドさんすう

トドさんすうは3歳から小2までの算数を学習できる算数アプリです。

ゲームを進めるような感覚でいつの間にか算数を取得!

ゲーム好きなお子さんにおすすめ!

  • 考え抜いて作られたハイクオリティな教材
  • レベルを細かく設定!ピッタリレベルでスタートできる
  • 2,000個以上の教材をゲーム感覚で学習可能

トドさんすうはゲーム感覚で学べる算数アプリ!無料で出来る学習や口コミ評判を徹底解説!

RISU算数・RISUきっずとトドさんすう実際に併用して8項目で徹底比較!

クレタクラスとトドさんすう算数アプリを実際に併用して8項目で徹底比較!

算数脳を育てるには外遊びも重要

算数を得意にしようとすると「勉強」に頭がいってしまいがちですが、外遊びは算数に必要な力を育むうえで欠かせません。

特に幼児期~小学校低学年のうちは、勉強よりも外遊びを大切にすべきです。

石や枝、木や土など、自然のもので夢中になって遊ぶ体験で、思考力・創造力・試行錯誤力・集中力・コミュニケーション能力など、あらゆる非認知能力を身につけることができます。

こどもの遊びは学びそのもの!

ななかまど

遊びを大切に過ごしていきましょう!

シュタイナー教育に学ぶ算数脳の育て方

シュタイナー教育では、1歳~7歳までの幼児期は主にからだが成長する時期と考えられているため、いわゆる机に向かった勉強はしません。

ただし、算数につながるような遊びや工夫はたくさん取り入れられています。

  • 芸術教育を重視し表現力を育てる
  • トランスパレントから図形脳を育てる
  • 自然の素材を生かしたおもちゃで創造力を育む
  • ウォルドルフ人形で想像力を育む

まさに、生きる力を育てる時期ですね。

モンテッソーリ教育に学ぶ算数脳の育て方

モンテッソーリ

モンテッソーリ教育では、4歳~6歳頃に「数の敏感期」がやってくると言われています。

「数の敏感期」とは、子どもが自ら数に興味を持つ時期。

  • エレベーターのボタンに興味を持つ
  • 数字が書いてあると読みたがる
  • 「1、2、3…」などと数を口にするようになる

その時期より早く数を教えても効果はなく、算数が嫌いになってしまう可能性もあります。

子どもが数に興味を示すタイミングをうまく利用して遊びに取り入れていくと良いですね!

算数の苦手はどこでつまづいているのかを見つけることからスタート

苦手な算数を克服するたった一つの方法は、つまずきをそのままにしないこと

「算数」と一言で言っても、色々な単元があります。

どの単元でつまづいているのか?を明確にすることで苦手を克服できます。

ほとんどの小学生がつまづく単元は全部で5つ

それぞれ、お子さんの苦手な単元を克服する方法は、小学生の「算数が苦手」を克服するたった一つの方法で解説しています。

算数を得意にする親の声かけ方法

親子

算数が得意になるかどうかは、親の声かけによっても変わってきます。

ななかまど

実際に私も意識して声かけを変えることで、娘の算数の能力はアップしました。

意識すれば今日からでも変えていけるので、ぜひ取り入れてみてください。

やればできる!

算数の問題が解けない子の多くは、わからないとすぐに考えることをあきらめてしまいます。

「やればできるよ!」

「あなたならできるよ!」

という声かけは自己肯定感を高くし、多少の難問にも挑戦しよう!という思考ができるようになります。

ななかまど

自己肯定感の高さは、やる気にもつながっていきます。

とりあえずやってみよう

「とりあえずやってみよう!」とは、つまり「失敗してもOK!」ということ。

試行錯誤力のない子は、失敗を恐れている子が多いです。

失敗したら次!と考えられるのは、とりあえずやってみるから。

ぜひ、保護者の口ぐせにしてみてください。

ななかまど

心配しても責めないのもポイント!

お母さんに教えて!

「すごいね!」「そんなこと知ってるの?」と褒められると嬉しいですよね。

「お母さんわからないから教えて!」と言うとお子さんは喜んで教えてくれます。

人に教えるという行為は、自分自身の頭の中を整理し、理解を定着させる効果があります。

人にわかるように教えるためには、論理的思考力が必要

「お母さんに教えて!」という声かけで、普段の生活の中で伸ばしていくことができます。

どうしてそう思う?

「どうしてそう思う?」も考えることをうながす声かけです。

どうしてだろう?と自分の頭の中で整理して、論理的に伝える訓練になります。

プロセスを褒める

結果よりもプロセスに目を向けて褒めるようにしましょう。

親はテストで100点取った!逆上がりが出来た!という結果にどうしても目が行きがちですよね。

しかし実は、結果を褒めても、その子自身を褒めていることにはなっていないのです。

極端なことを言えば「逆上がりが出来ない自分はダメな子」「100点取るためならカンニングもする」という思考になりかねません。

テストに向けて毎日コツコツ頑張ったことや、逆上がりの練習を自分からがんばっていた過程に目を向けていきましょう。

ななかまど

算数も、どうやって問題解決まで導いていくのか?が一番大切な部分です。

なるほど!そういうふうに考えるんだね!

「なるほど!そういう風に考えるんだね!」というのは、その子の考えを認めること。

どんなにへんてこな考えだったとしても、まずは認めることを大切にします。

自分の考えを否定され続けていたら、考えることを止めてしまいます。

ななかまど

しっかり認めてもらう経験を積むことで、考える楽しさ・自分の考えを伝える大切さを学びます。

おすすめの算数特化型タブレット教材

RISU算数

娘が算数苦手と言って登校拒否になった後、「算数大好き」と言えるようになるきっかけとなった教材があります。

それがRISU算数です。

RISU算数は、算数に特化した幼児~小学生向けのタブレット教材です。

RISU算数は、無学年制なため算数が苦手な娘のレベルにピッタリ合ったところから学習をスタート!

ただ量をこなすようなドリルとは違い、少ない問題数でも的確に学べて、考えなければ解けない応用問題もたっぷり含まれています。

娘の自信へとつながり、「算数は得意だから!」と言えるまでに成長しました。

  • 算数の苦手を克服したい
  • 算数をどんどん伸ばしたい

という方にはピッタリの教材です。

RUSU算数とは?≫

TwitterやInstagramでも算数教育の重要性ややり方を発信中。

3歳~8歳のおうち算数教育の具体的なやり方を公式LINEでも発信しています。

\個別相談もOK!/

LINE登録者だけの限定情報も配信します♪

算数が得意な子の育て方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

記事の感想お待ちしてます♪

コメントする

CAPTCHA


目次